宿泊施設にはどんな種類がある?

旅行や観光で利用する宿泊施設には、どのような種類があるのでしょうか。

宿泊施設の種類をあまり考えずに予約をしてしまいがちですが、短期滞在・長期滞在などの滞在期間や目的によって使い分けるのがおすすめです。価格も安い宿泊施設から高い施設までたくさんの種類があります。

シティホテル

シティホテル

都心部にある多機能な高級ホテル。様々な設備や広い部屋があり、高い安全性と質の高いサービスを受けられますが、価格も比較的高い設定になっています。宿泊施設としてだけではなく、結婚式場や宴会場を併設している場所が多いのが特徴的です。

価格は1万円~数十万円になっています。

リゾートホテル

イメージとしては、リゾート地・観光地にあるシティホテルです。シティホテルと少し違う点を挙げるとすると、内装やインテリアがその土地を楽しめるようなデザインになっています。

海が近ければ海を連想させる内装、京都であれば和風建築にしているなどです。

ビジネスホテル

ビジネスを目的とした宿泊施設なので、駅の近くにあるものが多く、交通の利便性を考慮した立地にあります。基本的には1人、もしくは2人の宿泊で利用します。

都市部での宿泊なら、およそ8千円~という価格設定です。

カプセルホテル

部屋(カプセル)の中はベッドだけで、簡易的な宿泊施設と言えます。カプセルは二段になっている施設が多く、カプセル同士は壁で仕切られていますが、入り口はカーテンになっているのでカギはかかりません。

立地場所にもよりますが、だいたい3千円~5千円くらいで宿泊できます。価格が安いので、宿泊費用を抑えたい方にはおすすめです。

ゲストハウス

ゲストハウス

アメニティや朝食は別料金となっている場合が多く、トイレ・シャワー・ラウンジが共用です。

ゲストハウスは、他の宿泊施設と比べると若い旅行者や外国人が多いので、交流しやすい雰囲気があります。交流を深めたいのなら、ゲストハウスで1週間~1ヶ月などの長期滞在を試してみても良いでしょう。

旅館

和風の宿泊施設に泊まりたいのなら、旅館がおすすめです。食事付きの宿泊で、各部屋で食べるのが基本的でしたが、食堂やレストランを併設している旅館もあります。

民宿

旅館よりも規模を小さくした宿泊施設で、宿泊者や経営者との距離が近いので、旅行先で様々な人と交流を持ちたい人にはぴったりの施設です。

民泊

一般家庭の一室に寝泊まりしたり、ワンルームなどで寝泊まりしたりするのが民泊です。アメニティの有無や設備の充実さはホストによって異なります。

民泊はホテルよりも安く泊まれることが多く、ゲストとの交流を目的としたホストも多いので、人との交流を楽しむことができます。

1ヶ月以上の長期滞在で交流を深めたい方は、国際交流協会ボーダレス東京のシェアハウスをご利用ください。日常生活を通して外国の文化を知ったり、外国人と交流できたりするので、充実した生活が送れます。まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらへ

国際交流協会ボーダレス東京の物件紹介

シェアハウスに関すること

宿泊施設の種類

東京で観光するなら

ゲストハウスやシェアハウスに長期滞在するなら国際交流協会ボーダレス東京へ

サイト名 国際交流協会 ボーダレス東京
代表取締役 近藤 誠二
住所 〒203-0021 東京都東久留米市学園町1丁目10−35
電話(FAX) 0424-58-5085
メールアドレス info@borderless-tokyo.com
URL http://borderless-tokyo.com/