シェアハウスってどんなところ?一人暮らしとの違いと契約までの流れ

一人暮らしをする時には、賃貸物件がすぐ頭に浮かぶかもしれませんが、シェアハウスという選択肢もあります。シェアハウスと賃貸物件での一人暮らしの違いをチェックしましょう。

シェアハウスと賃貸物件の違いを教えて!

シェアハウスと賃貸物件の違いを教えて!

キッチンやバスルームなどをほかの居住者と共有し、個室で自分のスペースを確保するというのがシェアハウスの特徴です。

はじめから設備や環境を整えなくてはいけないワンルームの賃貸の一人暮らしとは違い、シェアハウスには、

などという特徴があります。

個室や物件のタイプ、間取り、広さ、設備、保証人の有無などは物件ごとに変わりますが、このような点がシェアハウスならではの良さです。

国際交流協会ボーダレス東京物件契約までの流れ

国際交流協会ボーダレス東京が運営するシェアハウスに入居するには、まず、申込みフォームからご連絡ください。その後、担当者からメールや電話などで直接コンタクトをとり、顔合わせを行います。顔合わせといっても大げさに考える必要はなく、気楽にいつも通りに振る舞ってもらえれば問題ありません。

万が一、初顔合わせの時点で共同生活に向いていない人だと判断した場合には契約を見送らせていただく可能性もあるので、あらかじめご理解ください。しかし、「常識」がある普通の人であれば、断られることはまずありません。

顔合わせで問題がなければ、正式な契約に進みます。

国際交流協会ボーダレス東京入居に必要なもの

国際交流協会ボーダレス東京入居に必要なもの

日本人であれば身分証とそのコピーを用意しておいてください。外国人である場合はパスポートとそのコピー、外国人登録書が必要です。

両者とも保証人は必要ありませんが、入居を決めた時点で3万円をデポジットとして支払っていただきます。

デポジットは、清掃代・事務手数料などに1万円を利用しますが、残りの2万円については、諸条件を満たしたまま退去する場合は返金されるシステムです。

国際交流協会ボーダレス東京が運営するシェアハウスでは、外国人と一緒に楽しい共同生活を送ることができます。お金を節約しながら仲間と楽しく暮らし、日常生活を通して外国の文化を体験し、新しい世界を発見してみませんか?

東京で外国人と生活して、楽しい思い出を作るなら、国際交流協会ボーダレス東京のシェアハウスをご利用ください。

お問い合わせはこちらへ

国際交流協会ボーダレス東京の物件紹介

シェアハウスに関すること

宿泊施設の種類

東京で観光するなら

賃貸物件より安いシェアハウスに住むなら国際交流協会ボーダレス東京

サイト名 国際交流協会 ボーダレス東京
代表取締役 近藤 誠二
住所 〒203-0021 東京都東久留米市学園町1丁目10−35
電話(FAX) 0424-58-5085
メールアドレス info@borderless-tokyo.com
URL http://borderless-tokyo.com/