シェアハウスはコスパが良い?一人暮らしとの料金比較

一人暮らしよりも安いと言われるシェアハウスですが、具体的にはどのくらいの料金を抑えられるのか気になりませんか。

一般的なワンルームの賃貸で一人暮らしをする場合と、シェアハウスに住む場合の違いを、料金面で比較しご紹介します。

国際交流協会ボーダレス東京(シェアハウス)に入居する時の初期費用

国際交流協会ボーダレス東京(シェアハウス)に入居する時の初期費用

東京にある国際交流協会ボーダレス東京のシェアハウスに入居する時の初期費用は、家賃とデポジットの合計金額です。

シェアハウスや各部屋によって家賃は変わってきますが、おおよその家賃を50,000円として、それに一律30,000円のデポジット金を合わせた金額になるため、初期費用は80,000円になります。

賃貸物件を契約する時の初期費用

アパートやマンションのような賃貸物件を契約する時の初期費用は、家賃・共益費・敷金・礼金・仲介手数料などを合計した金額になります。ここで言う敷金がシェアハウスのデポジットと同じような意味を持ちます。

東京で一人暮らし用の賃貸(ワンルーム・1Kなど)を借りる場合の相場が約67,000円です。共益費を3,000円、敷金・礼金・仲介手数料をそれぞれ家賃の1ヶ月分と仮定したら、初期費用の合計金額は、271,000円になります。

その差は191,000円?表で確認してみよう!

国際交流協会ボーダレス東京 費用項目 賃貸物件(ワンルーム・1K)
50,000円 家賃 67,000円
0円 共益費 3,000円
30,000円 敷金(デポジット) 67,000円
0円 礼金 67,000円
0円 仲介手数料 67,000円
80,000円 合計 271,000円

初期費用にはまだまだかかる!?その他設備の購入費用

シェアハウスの場合は、備え付けの電化製品を利用できるので購入する必要がないのですが、賃貸物件の場合は、上記の初期費用に加えて洗濯機や冷蔵庫・電子レンジなどの電化製品を購入しなければなりません。

また、ベッドや机なども購入する必要があるかと思います。

光熱費

光熱費

毎月の出費では、家賃や共益費に加えて、電気代・ガス代・水道代などの光熱費が加わります。

一人暮らしの水道光熱費(電気代・ガス代・水道代すべて足した費用)の金額はおよそ11,000円です。一方、国際交流協会ボーダレス東京では、毎月家賃と同時期に8,000円を水道光熱費としてお支払いいただいています。

以上のように、初期費用でも毎月の家賃でもシェアハウスは安い料金で済むことがわかりました。外国人や明るいシェアメイトと交流を図りながら、楽しい生活を送りたいとお考えなら、国際交流協会ボーダレス東京にご連絡ください。

共有スペースだけではなく、個人の空間も大切にしているので、個室完備のシェアハウスになっています。東京のシェアハウスをお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらへ

国際交流協会ボーダレス東京の物件紹介

シェアハウスに関すること

宿泊施設の種類

東京で観光するなら

賃貸物件より安いシェアハウスに住むなら国際交流協会ボーダレス東京

サイト名 国際交流協会 ボーダレス東京
代表取締役 近藤 誠二
住所 〒203-0021 東京都東久留米市学園町1丁目10−35
電話(FAX) 0424-58-5085
メールアドレス info@borderless-tokyo.com
URL http://borderless-tokyo.com/