【東京】ゲストハウスは格安なの?特徴やメリットについて解説

東京に来たらゲストハウスに泊まろう!

ゲストハウスというと、バックパッカーなどの単身旅行者が格安で泊まるための宿泊施設という印象が強いかもしれません。しかし近年では、古民家のリノベーション済みやカフェやバーを併設するなど、おしゃれで快適なゲストハウスが増えています。それに伴い、ゲストハウスの滞在の目的が、単に「旅行中に格安で素泊まりする場所」から、「楽しみながら人との繋がりを求めて集まる場所」へと変化しています。

ここでは、ゲストハウスの特徴や向いている人、メリットや注意点をご紹介します。

【東京】ゲストハウスは安い?特徴や向いてる人について

日本ではまだ馴染みが薄いですが、海外には様々なタイプのゲストハウスが存在しており、旅行に行った際に格安で泊まれる宿泊施設として一般的です。ゲストハウスとは、どのような宿泊施設を指すのでしょうか。

ここでは、ゲストハウスの特徴や、どのような人に適しているのかについて詳しく説明していきましょう。

【東京】ゲストハウスの特徴

東京のゲストハウスで写真を撮る4人のハウスメイト

ゲストハウスは普通の民家もあれば、おしゃれな施設もありますが、どれも共通する特徴があります。

料金が格安

地域やシーズンによっても異なりますが、一般的なゲストハウスの1泊の素泊まり料金は2000円~3500円程度が相場です。ビジネスホテルやシティホテルと比べて格安料金であることが多く、長期滞在中の外国人観光客や学生などの利用者が多い傾向にあります。施設によっては連泊や長期滞在の場合、値引きになるケースもあります。

共用のリビングがある

個室でプライベート感を大切にするホテルと異なり、ゲストハウスには宿泊者同士が交流できるリビングのような共用スペースがあります。一人旅の利用者も多いことから、現地の情報や穴場スポットなどの情報交換をするなど、共通の話題で会話が弾みやすいのが特徴です。宿泊者同士の交流を求めて、あえてゲストハウスを選ぶ方もいます。

就寝場所は相部屋なことが多い

ホテルをはじめ多くの宿泊施設はプライベートを重視した個室ですが、ゲストハウスではドミトリータイプも少なくありません。一部屋にカーテン付きの二段ベッドがいくつも置いてあったり、広い部屋に布団を敷いて雑魚寝したりするスタイルです。ゲストハウスによっては個室を用意しているところもありますので、どうしても相部屋が苦手という方は個室ありのゲストハウスを探してみましょう。

最低限のサービス

歯ブラシやタオル、石鹸などのアメニティは持参するのが一般的で、トイレやシャワー、キッチンなどの水回りは共用です。ベッドメイキングも自分で行う施設が多いです。無料または有料で朝食が食べられるゲストハウスもありますが、多くの場合は食事なしの素泊まりとなります。

外国人との交流ができる

欧米ではゲストハウスは一般的な宿泊施設ですので、東京をはじめとする日本のゲストハウスでは外国人利用者が多く、様々な国の観光客と交流をすることができます。外国人との交流を目的で宿泊するなら長期滞在がおすすめです。

【東京】ゲストハウスに向いている人

【東京】ゲストハウスに向いている人

格安で宿泊できるゲストハウス。ゲストハウスはどのような人が向いているのでしょうか。

一人旅が好きな人

一人旅はスケジュールや行き先を自由に決めることができるため、グループでの旅行より気楽です。また、現地での様々な人との出会いも一人旅の醍醐味でしょう。一人旅は気楽であるものの旅行中ずっと一人だと寂しい、旅の楽しさを誰かと共有したいと感じるなら、ゲストハウスがおすすめです。スタッフやほかの旅行客との交流を楽しむことができ、出会いのきっかけになります。

格安で長期滞在したい人

旅先でしばらく過ごしたいけれど、ホテルだと宿泊料金が心配という方におすすめです。ゲストハウスならキッチンや洗濯機などが設置している施設も多いので、長期滞在でも大変便利で安心です。また、宿泊料金も格安に抑えられるのが嬉しいポイントとなっています。

人と関わることが好きな人

ゲストハウスは共有スペースが用意されているところも多いため、旅好きや人との交流が好きというような、同じ価値観の人が集まりやすい場所です。ガイドブックに載っていないような穴場や現地のおすすめスポット、おいしいお店などの情報交換をすることができるでしょう。旅先で友達を増やしたいときは、ゲストハウスがぴったりです。

国際交流に興味がある人

ゲストハウスは外国人の宿泊客が多いため、様々な国の人と交流することができます。言語は共通語である英語が多いので、英会話に挑戦してみたいという方にもおすすめです。日本に興味があって旅行に来ている方がほとんどなので、日本の文化や観光地などについての会話が弾みます。

格安で泊まりたい人

前述のとおり、一般的なゲストハウスの1泊の素泊まり料金は2000円~3500円程度が相場です。ホテルや民宿などの料金と比較すると格安です。ゲストハウスは、宿泊費を抑えて旅行を楽しみたいという方に向いています。浮いた宿泊費を使って、現地でおいしい食事を堪能するのも良いですね。

※ゲストハウスは旅館業法の関係上、1泊、2泊のような短期の宿泊ができるところできないところがございます。ちなみに弊社は最短宿泊機関は1か月で、1泊あたりの宿泊費用は安いところでは1100円になります。

国際交流協会ボーダレス東京では、東京都内でシェアハウスを運営しています。東京で格安での宿泊先をお探しの方、国際交流に興味がある方はぜひお問い合わせください。

【東京】ゲストハウスのメリットと注意点について

宿泊や長期滞在が格安料金ででき、国際交流も可能なゲストハウス。しかし、必ずしも楽しいことばかりというわけではありません。メリットもあればデメリットもあります。ゲストハウスのメリットと、気をつけるべき注意点をチェックしておきましょう。

【東京】ゲストハウスのメリット

【東京】ゲストハウスのメリット

ゲストハウスには、以下のようなメリットがあります。

コストパフォーマンスの良さ

就寝時はドミトリーになることが多いため、知らない人と一緒に眠るのが苦手という方にとっては少し困難な部分があるかもしれません。しかし、その部分を除けば、必要最低限のサービスが用意されており、格安で宿泊できるためコストパフォーマンスが良いです。宿泊料金が浮いた分をアクティビティや飲食代、お土産代など、自分が好きな部分に使えます。

ちなみに弊社は複数人が一緒に寝泊まりするドミトリーは扱っておりません。すべて個室になっております。

おしゃれな部屋や個性的な部屋に泊まることができる

ゲストハウスは個人や家族などの小規模経営が多く、オーナーの趣味が反映された施設が多いです。古民家をリノベーションしたり、外国人をターゲットにした和テイストの部屋になっていたりと、料金設定からは想像できないようなおしゃれな施設に出会えることもあります。また、民家タイプのゲストハウスでは、友達や親戚の家に泊まりに行ったような気分を味わえるかもしれません。

外国人や地元の人と交流できる

ゲストハウスは、海外ではポピュラーな宿泊施設です。そのため、日本を訪れる外国人観光客がよく利用しています。また、おしゃれなカフェやレストランなどを併設し、地元の人も訪れる施設になっていることもあります。滞在を通して多くの人と交流をすることで、新しい経験や体験ができるかもしれません。

様々な土地を移動しながら暮らせる

ゲストハウスでは、長期滞在であっても、一般的な賃貸物件とは異なり入退去に伴う手続きや敷金礼金などが不要なため、気軽に引っ越しができます。ゲストハウスに長期滞在しながら、様々な土地を移動して暮らすことも可能です。多くのゲストハウスでは、洗濯機やキッチンなどが完備されていて自由に使えるうえ、食器や調理器具なども備え付けられています。

最低限の荷物だけを持って、気が向いたときに気に入った場所へ移動しながら暮らすのも人生経験のプラスになるでしょう。なお、長期滞在なら、個室タイプのゲストハウスを検討しても良いかもしれません。

【東京】ゲストハウスの注意点

【東京】ゲストハウスの注意点

ゲストハウスに宿泊するうえで、気をつけておきたい点がいくつかあります。

貴重品の管理をしっかりする

ドミトリーの場合、鍵のかかる個人ロッカーなどがないケースがほとんどです。そのため、共用スペースに荷物を置いておくことになります。鍵のかかる保管庫などがない場合、盗難に遭わないよう貴重品の管理には十分気をつけましょう。スマホを充電したまま放置することも危険です。

※なお、弊社ではドミトリー部屋はございません。すべて個室です。ですので盗難の心配はほとんどございません。

静かに過ごしましょう

ゲストハウスの共用部分では賑やかに会話が弾むこともあります。特にドミトリーの場合は、就寝スペースも共有するため配慮が必要です。就寝時間や起床時間にばらつきがあるので、特に朝や夜は物音を立てないように気をつけてください。門限や共用スペースの使用時間もきちんと守る必要があります。

共用スペースを綺麗に使う

リビングやキッチン、トイレ、シャワールームなどの共用スペースの掃除は、スタッフが行います。ただ、多くの人が続けて利用するため、できるだけ自分が使ったあとは綺麗にしておくように心がけましょう。

眠れないこともあります

ドミトリーは複数の人で同じ部屋を使うため、他人の寝息やいびきなどが気になって眠れないということも考えられます。音が気になりやすい方は、耳栓やノイズキャンセラ付きのイヤフォンなどを持参するようにしましょう。

ちなみに弊社ではドミトリー部屋はございません。すべて個室です。ですので盗難の心配はほとんどございません。

荷物は最小限にする

ゲストハウスの場合、基本的に個人の荷物を置く専用スペースがありません。ベッドの下や床に直置きというケースも多いため、荷物はコンパクトにまとめておきましょう。念のため、ワイヤーロックなどで固定するのもおすすめです。

プライバシーが気になるなら個室がおすすめ

ゲストハウスの良さを堪能したいが、やっぱりプライバシーも必要!という方は個室ありのゲストハウスを選ぶようにしましょう。料金は少し割高になることが多いですが、鍵付きの個室なら盗難のリスクや荷物の心配も軽減されます。

格安で泊まりたい方におすすめ!東京でゲストハウスをお探しなら

東京での長期旅行や一時的に東京で暮してみたいとお考えなら、ゲストハウスに滞在するのがおすすめです。ホテルよりも格安なうえに、おしゃれな雰囲気の施設も増えています。また人との触れ合いも多く、滞在がより楽しくなること間違いなしです。外国人利用者も多いので、国際交流も可能です。東京でゲストハウスをお探しなら、お気軽に国際交流協会ボーダレス東京までご相談ください。東京の板橋区・台東区・豊島区・中野区など、都内に複数のゲストハウスを提供しています。

東京で格安なゲストハウスをお探しなら国際交流協会ボーダレス東京

会社名 国際交流協会有限会社
住所 〒203-0021 東京都東久留米市学園町1丁目10−35
TEL
メール kondo@borderless-tokyo.com
URL https://borderless-tokyo.com/