シェアハウスはテレワークにおすすめ!シェアハウスをセカンドハウスにしよう

テレワークできるシェアハウスをセカンドハウスに!

テレワーク・リモートワークの普及が進んだことで、仕事は職場で行うものという考え方が変わってきました。実際に自宅やレンタルスペースで、テレワーク・リモートワークをされた経験を持つ方も多いのではないでしょうか。生活様式の多様化に伴い、セカンドハウスへの需要も高まっています。

ここでは、セカンドハウスの種類や、シェアハウスでテレワークをする際のメリット・デメリットについてご紹介します。テレワーク・リモートワーク用のスペースをお探しの方は、自分に最適な物件・ライフスタイルの参考にしてください。

テレワークに最適!シェアハウスをセカンドハウスに利用しよう

仕事や子育てなど、ライフスタイルに合わせてセカンドハウスを持ちたいと考えている方も多くいるでしょう。テレワーク・リモートワークが普及したことで自宅と職場の境界があいまいになっている中、生活にメリハリをつけるためにセカンドハウスを持つのも一つの方法です。

ここでは、セカンドハウスとは何か、またセカンドハウスの種類について解説します。

シェアハウスでテレワーク!セカンドハウスとは?

シェアハウスでテレワークをする

セカンドハウスとは、その名のとおり、二つ目の家のことを指し、現在自宅として住んでいる家とは別に家を持つことです。別荘と混同されがちですが、別荘はあくまで余暇を楽しむためのもので、日常生活の拠点となるかどうかの違いがあります。

贅沢品として見なされる別荘に対し、セカンドハウスは生活必需品として扱われるため、住宅に関する税金の優遇措置を受けることが可能です。税金の優遇措置を受ける要件としては、自宅として月一回以上居住している実態があることが求められます。

テレワーク・リモートワークの普及によって、働き方やライフスタイルは大きく変わりました。自宅でのテレワーク・リモートワークなら、通勤の手間や時間がかからず、プライベートに充てられる時間が増えます。趣味や家族との時間が取りやすくなったと感じる方も多いでしょう。

しかしその一方で、オン・オフの切り替えがしにくくなる問題もあります。また、自宅でのテレワーク・リモートワークを指示されても、自宅に落ち着いて仕事ができるスペースがないという方もいるでしょう。自宅と職場の境界があいまいになることが多くなった分、自宅は職場から切り離されたプライベート空間である、という意識も変わってきています。

そこで、仕事とプライベートを分け、メリハリのある生活を送りたいと考える方におすすめなのが、セカンドハウスです。セカンドハウスを持つ目的や使い方はそれぞれ異なります。

例えば、平日は職場から近い東京にある自宅で生活し、週末はリゾート地にあるセカンドハウスで過ごす。逆に、環境の良い田舎に自宅を所有して家族と暮らし、出社の必要がある際には東京のセカンドハウスを利用するパターンもあるでしょう。

趣味に没頭できるスペースとしてセカンドハウスを持つ方もいますし、退職後を見据えて将来的な本拠地にするためにセカンドハウスを購入する方もいます。

シェアハウスでテレワーク!セカンドハウスの種類

パソコンとスマートフォン

富裕層やミドル・シニア世代だけでなく、若い世代にも二拠点に居住空間を持つというライフスタイルは注目されています。もう一つ家を持つというと、費用面から敷居が高いと感じる方も多いでしょう。しかし自宅の購入だけがセカンドハウスではありません。ここでは、セカンドハウスを持つパターンをご紹介します。

物件を購入する

資金に余裕がある方におすすめなのが、戸建てやマンションを購入するパターンです。購入後の物件は自分の所有物となるので、物件自体の自由度が高いのはもちろん、将来的な住まいとしたり、所有資産として売却や運用をしたりすることもできます。ローンを組んで購入する場合は、セカンドハウスローンを利用すると良いでしょう。

ただし、セカンドハウスローンは通常の住宅ローンより、金利が高く設定されていることが多いので注意が必要です。

賃貸物件を借りる

戸建てやマンションなどを借りてセカンドハウスとするパターンです。賃貸なので修繕費が発生せず、物件を使用しなくなった場合の処分の手間もかかりません。購入よりも初期費用がかからない点もポイント。期間限定で利用するのにおすすめです。

レンタルルームを利用する

建物内の一室などを、料金を払って一定期間使用できるものです。目的に合わせて数時間から借りることができますので、急な仕事の都合に合わせやすく、短時間だけ利用したいという方に向いています。マンスリー契約できるレンタルルームもありますので、短期間のセカンドハウスとしても利用可能です。

シェアハウスを利用する

物件を複数人でシェアする、シェアハウスやゲストハウスをセカンドハウスとすることもできます。シェアハウスのメリットは料金の安さです。通常の賃貸物件と比べて安い料金で利用することができます。テレワーク・リモートワーク用に利用する場合は、契約内容やルールをよく確認したうえで行うことが大切です。

シェアハウスはテレワーク・リモートワークにも便利!

セカンドハウスとしてシェアハウスを利用するのも暮らし方の一つです。東京都内にはシェアハウスを提供する管理会社が複数ありますので、自分のライフスタイルに合った物件を選びましょう。

ここでは、シェアハウスでテレワークをする際のメリットとデメリット、東京でのセカンドハウスの相場について解説します。

シェアハウスでテレワークを行う際のメリット・デメリット

メリットとデメリットが貼られたノート

シェアハウスでテレワークを始める前に、そのメリットとデメリットを知っておきましょう。

メリット
・料金が格安

セカンドハウスの種類の中でも、シェアハウスは料金が格安なのが大きな特徴です。手軽にワーキングスペースを確保したい場合におすすめです。短期の宿泊者を主に対象とするゲストハウスの場合は、さらに料金が安くなります。短期間の利用であればゲストハウスを検討しても良いでしょう。

・ネット環境や仕事用スペースがある

物件にもよりますが、Wi-Fi環境が整備されているところや、共用部にテレワークができるスペースを設けているところもあります。他者の目に触れさせたくない場合やオンライン会議などを行う場合は、個室のあるシェアハウスがおすすめです。

・リフレッシュできる

複数人が集まるシェアハウスやゲストハウスは、会話を楽しむなど気分転換しやすいのがメリットの一つです。自宅でのテレワーク・リモートワークでは部屋に一人でこもりがちになるので、合間に誰かと会ってコミュニケーションを取りたい場合には、シェアハウスやゲストハウスがぴったりです。

・トラブル時に助けてもらえる

何か困ったことがあった場合、一緒に暮らす人がいれば助けてくれることもあるでしょう。特にテレワーク・リモートワークに慣れていない場合には、複数人が集まるシェアハウスやゲストハウスは心強い環境といえます。

デメリット
・料金が発生する

シェアハウスは格安とはいえど、賃貸料金が発生します。契約したのにあまり使わなかった場合、損をしてしまうケースもありますので注意してください。

・周囲への配慮が必要

ドアの音やスピーカーの音など、ほかの住民にとって迷惑をかけないように気をつけなければいけません。音の大きさなどには十分注意しましょう。ドミトリーのシェアハウスやゲストハウスの場合は基本的に相部屋となるため、より配慮が必要です。

・ルールは遵守する

多くのシェアハウスでは、ゴミ出しや掃除当番などのルールを設けています。利用頻度が少なかったとしても、ほかの利用者と同様に自分の当番や役割は果たさなければなりません。

テレワークもOK!シェアハウスと賃貸物件の相場

電卓とブロック

余暇やリフレッシュ、趣味のための場所として人気のセカンドハウス。前述のとおり、セカンドハウスはテレワーク先としても大変おすすめです。

東京には、戸建て・マンション・シェアハウスなど、セカンドハウスとして利用できる物件が多数ありますので、自分に合った場所を選びましょう。セカンドハウスを選ぶ際は費用面も考慮することが大切です。

セカンドハウスの相場は、通常の購入や賃貸の場合と同じです。別荘やリゾートマンションなど、セカンドハウスだからといって物件価格が決まる要素は基本的には変わりません。通常物件と同じく、東京なら都心部や駅に近い物件ほど相場は高くなります。また、物件の広さや間取り、築年数によっても価格は変わるものです。

賃貸物件をセカンドハウスにする場合、現在住んでいる自宅のローンまたは家賃がある方は、それにプラスして賃貸料がかかることになります。賃貸料だけでなく、光熱費などの諸費用が発生することも忘れてはいけません。快適な環境を得る代わりに費用に圧迫されることがないよう、予算内で物件を探すことが大切です。

格安料金でセカンドハウスを探すのであれば、賃貸物件の中でもシェアハウスがおすすめです。東京都内のシェアハウスの相場は、地域や部屋タイプなどによっても異なりますが、1ヶ月5万~6万円程度です。通常の賃貸物件より、初期費用や家賃などを抑えることができます。

ゲストハウスのような相部屋タイプだとさらに安く、4万円程度が相場です。テレワーク環境やライフスタイルに合うようなら、格安なシェアハウスを検討してみてはいかがでしょうか。

国際交流協会ボーダレス東京では、東京都内に複数の物件を所有しており、駅からも近く利便性も高いのが特徴です。例えば、東京都台東区のシェアハウスなら39000円、中野区で45000円からご用意しています。共益費をプラスしても、1ヶ月6万円以下で住むことが可能です。

テレワークできるシェアハウスを格安のセカンドハウスとして利用しよう!

テレワーク・リモートワークの普及により、セカンドハウスの需要は高まっています。格安でビジネス用セカンドハウスをお探しの方におすすめしたいのが、シェアハウスです。費用を抑えながら仕事に集中できる環境を確保できるだけでなく、複数のシェアメイトと交流することで気分転換にもなります。物件探しの際には、ライフスタイルや予算に合ったものを選ぶことが大切です。

東京でテレワーク用のセカンドハウスをお探しの方は、国際交流協会ボーダレス東京のシェアハウスをぜひご検討ください。

テレワーク・リモートワークにおすすめなシェアハウス!国際交流協会ボーダレス東京

会社名 国際交流協会有限会社
住所 〒203-0021 東京都東久留米市学園町1丁目10−35
TEL
メール kondo@borderless-tokyo.com
URL https://borderless-tokyo.com/